連結経営管理ソリューション
「GreenOffice Profit Management」

機能

業績管理機能

年度計画、月次計画 / 実績管理

計画(P:Plan)に対する実績(D:Do)の遂行状況を日次でセグメント別に取得(C:Check)することができます。このような日次管理により、経営状態をタイムリーに把握し、スピーディな経営判断と現場でのアクション(A:Action)を実行できます。またこのようにPDCAを回して計画を見直すことで、精度の高い経営管理基盤を構築できます。

セグメント別分析

日報管理によるセグメント別の収益管理に加え、取引先別や商品別などの管理軸(セグメント)で情報を分析できる機能です。セグメントは複数選択可能です。さらにトランザクション(明細)レベルまでのドリルダウンが行えるため、課題箇所の特定も可能になります。

事業部門別実績推移レポートサンプル

事業部門別実績推移レポートサンプル

拡大表示

事業部門別業績管理レポートサンプル

事業部門別業績管理レポートサンプル

拡大表示

連結管理機能

連結経営数値作成

各関連会社の経営数値をデイリーで集約し連結グループの経営数値を作成します。

連結経営数値集計機能 : 
関連会社の経営数値をセグメントごとに集計
コード変換機能 : 
 
勘定科目コードなど関連会社ごとに異なるコード体系を
連結グループ会社のコード体系へ変換
通貨換算機能 : 
関連会社の基準通貨から連結グループ会社の基準通貨へ換算
内部取引相殺機能 : 
関連会社間の取引を相殺

連結業績レポート

連結グループの経営分析に必要な業績レポートを提供します。
連結業績レポートでは、連結管理機能によりグループ内部取引を相殺したグループ業績の把握が可能です。

連結総合表レポートサンプル

連結総合表レポートサンプル

拡大表示

予算管理機能

予算策定

売上、経費、原価などの各種予算を策定する機能です。トップダウンとボトムアップの両アプローチで予算策定することが可能です。さらに予算シミュレーション機能により、複数のシナリオから最適なシナリオを選択し正式な予算として採用することができます。

ローリング予算対応

期初に立てた予算を適切なタイミングで、経営環境の変化や直近の実績に応じて見直すローリング予算に対応しています。

予算管理ダッシュボードサンプル

予算管理ダッシュボードサンプル

拡大表示

原価管理機能

原価差異分析

標準原価や見積原価と実際原価の差異をさまざまな切り口から分析する機能です。工場・工程・品種の切り口や改善活動の責任単位である部門切り口で差異分析ができます。また予算管理や業績管理と連動しており、会社業績と連動した形で原価低減の活動を行うことができます。

原価配賦

間接原価を部門別・品目別で配賦する機能です。配賦基準をきめ細かく設定することが可能です。

原価管理ダッシュボードサンプル

原価管理ダッシュボードサンプル

拡大表示

ERP連携インターフェイス(I/F)機能

各種ERPパッケージとのデータ連携I/FやファイルI/F(CSV形式)があります。この機能により、お客様基幹業務システムからの実績データの取り込みが可能となり、トータルで経営状態を把握できます。

ダッシュボード機能

さまざまな経営情報に対し、状況や局面を一目で把握できるダッシュボード機能があります。ダッシュボードは利用目的に応じて画面をカスタマイズできるため、効率的に情報を活用できます。

ダッシュボード機能サンプル

ダッシュボード機能サンプル

拡大表示

BI(Business Intelligence)機能

企業独自の定型・非定型のレポートを作成することも可能です。

アドホック分析

Microsoft Excelを使って情報をアドホックに分析できる機能です。
慣れ親しんだExcel環境下での分析作業が可能になります。

その他

日報管理

主要実績(受注・売上・生産・経費など)と収益を日次でセグメント別に把握できる機能です。
経営において重要となる計画に対する遂行管理を日次で把握できます。

残管理

日報管理による主要実績の管理に加え、受注残高や在庫など主要な残高情報を正確に把握できる機能です。
これらの残高情報は、将来予測を加味して事業の遂行を管理するための非常に重要な先行指標です。

KCCSカスタマーサポートセンター お問い合わせ・資料請求