統合運用管理 / パブリッククラウド
「GreenOffice Unified Cloud」

サービス 概要

従来のITリソースに加えて、「運用」「情報・プロセス」を統合管理する
次世代クラウドサービス

GreenOffice Unified Cloud(グリーンオフィス ユニファイド クラウド)は、仮想サーバや仮想ロードバランサなどのITリソース群である「On Demand ITリソース」と、当社が独自開発したクラウド管理コンソール「クラウドマネージャ」より構成されます。クラウドマネージャにより、Amazon Web Servicesをはじめとするクラウドサービスやオンプレミス環境など異なる ITリソースが統合管理できます。また、プロフェッショナルサービスをご利用いただくことで、クラウドの導入から構築、運用まで、お客様のさまざまなニーズにお応えします。

概要図

特長

異なるITリソースを統合管理するクラウドマネージャ

マルチクラウド管理機能を持ったクラウドマネージャの活用により、クラウドサービスやオンプレミス環境など異なるITリソースのロケーションを気にすることなく、統合的に管理することが可能になります。

システム視点ではなく、サービス視点で運用管理をサポート

「どのサーバが障害を起こしているのか?」ではなく、「どのサービスに障害が起きているのか?」という視点での運用管理が可能になり、サービスの継続性を高めます。また、チケット管理機能で誰がどのようなタスクを処理したのか、履歴を確認することで、クラウドの運用管理の効率化をご支援します。

お客様のニーズにお応えするプロフェッショナルサービス

KCCSの経験豊富なエンジニアがお客様のニーズに応じて構築~運用~監視をワンストップでご支援します。

KCCSカスタマーサポートセンター お問い合わせ・資料請求