電子書籍配信サービス
「BookLooper」

サービス 概要

全ての教育機関 / 企業に贈る、新しい「学び」のかたち

KCCSは、大学における電子学術書(和書)の普及を目指し、2010年12月から慶應義塾大学メディアセンター(図書館)と共同で、学生・教職員を対象とした電子学術書配信の実証実験を行い、学修に適した電子書籍活用に関して学生や教職員の要望や意見を取り入れながらノウハウを蓄積して参りました。

昨今、数多くの電子端末がリリースされ手軽に電子書籍が利用される中、特定のプラットフォームに依存せず、さまざまなOSや端末、ファイルフォーマットに対応したオープンな環境での電子書籍活用が期待されています。

大学では、学生がモバイル端末で教科書や図書館の貸出書籍、学術書、講義資料の閲覧・全文検索を行うニーズがあります。さらに、スマートフォンで撮影した手書きノートを含めたさまざまな書籍を一元管理し、効率的な学修・研究を行える環境が求められています。また、企業においても知識共有、部署を超えた社内資産の積極的活用、設置スペースの確保といった新しいライブラリースタイルへのニーズが高まっています。

このようなニーズに応え、「BookLooper」は大学における効率的な学修、企業における知識の活用を支援する電子書籍配信サービスを提供します。

BookLooper概要図

KCCSカスタマーサポートセンター お問い合わせ・資料請求