無線ブロードバンド

光+無線のハイブリッドネットワークでデジタル・ディバイドを解消

光回線と無線回線を活用したハイブリッドネットワークにより、地域密着型の情報通信インフラを構築します。住宅密集地では光回線を、点在地では無線回線を活用し、環境にあったネットワークを構築します。

概要

光と無線のハイブリッドネットワーク

特長

1.地域住民の利便性を向上する自治体サービスの構築を支援

地勢にあったブロードバンド施設を整備することで、運営コストの低減を図り、住民様へ低価格な高速ブロードバンドを提供します。

特長

ブロードバンドサービスの提供だけでなく、対象エリア内であれば映像監視や内線網としての活用も可能であり、新たな住民サービスのインフラとして利用できます。

2.IPベースで災害に強いネットワークを構築

IPネットワークを構築し、電話・インターネットの双方向通信に対応しています。

移動系、同報系、テレメーター系など多種多様な無線機を活用し、さまざまな環境に適応するネットワークを構築します。

無線システムでのネットワーク構築のため、山間部や河川横断など光ファイバの敷設が難しい場所でも構築可能です。また、市町村合併などによる情報通信インフラの拡張も容易です。

災害などで通信事業者が提供する外部ネットワークが遮断した場合でも、自営網として利用が可能です。

製品・サービス一覧

広帯域無線アクセスシステム 干渉波の少ない 5GHz 帯を利用した無線ネットワークを構築します。離島や山間部など光ファイバの敷設が困難な地域でも高速かつ大容量の無線ブロードバンドネットワークの構築が可能です。
観光・防災Wi-Fiステーション 観光情報の配信や災害時の通信手段を確保する公衆無線LANシステムです。 持ち運び可能な可搬型もご提供可能で、さまざまなシーンでご利用いただけます。
IP告知システム 災害情報の連絡、掲示板や告知放送などに利用可能な、IP電話機能搭載の複合情報端末です。双方向通信を活用するため、情報受信や安否確認にも活用することができます。
災害時バックアップ回線 バックアップ回線に求められるものは、"安定稼働"ではなく"安全稼働"です。大型災害時でも安全稼働が可能なバックアップ回線として、衛星回線(電話 / インターネット)の利用が注目されています。
映像監視システム 高速かつ大容量の無線ネットワークにより、河川や湾岸などの動画による監視に活用できます。
防災対応型ソーラーシステム 商用電源の停電時に、既存の防災無線の基地局や屋外スピーカーへの緊急時給電システムとしても活用できる、太陽光パネルとバッテリーを組み合わせた防災対応型のソーラー発電・蓄電システムです。
エリア放送(エリアワンセグ) 特定エリアのワンセグ対応端末向けに、その地域でしか視聴できない独自番組を配信するサービスです。緊急放送や災害情報を配信できるほか、地域コミュニティ放送にも利用することができます。

KCCSカスタマーサポートセンター お問い合わせ・資料請求