Corporate Social Responsibility コーポレート・ガバナンス / リスクマネジメント

KCCS

コーポレート・ガバナンス

KCCSグループは、京セラグループの一員として、京セラフィロソフィをベースに、公平、公正かつ透明性の高いコーポレート・ガバナンスおよび内部統制の実現に努めています。

コーポレート・ガバナンスの体制

株主から、経営の委任を受けた取締役会および取締役は、当社のコーポレート・ガバナンス体制を下図のように定め、取締役の職務の執行が法令および約款に適合するようにしています。取締役は、従業員に対して内部統制システムの運用を指示します。内部統制システムの構築・整備は取締役の役割です。その内部統制を確実に運用する責任が従業員にあります。監査役は、内部統制システムの構築および運用の状況についての報告を取締役に対して定期的に求めるほか、会計監査人と連携するとともに内部監査室からの監査報告なども参考にして、取締役の職務執行や内部統制の構築・運用について監査します。内部監査室は、内部統制の運用が有効に機能しているか否かを監査します。

コーポレート・ガバナンスの体制図

リスクマネジメント

KCCSグループのリスクマネジメントの最も重要な目的は、「リスクの顕在化」を予防することで、コンプライアンス管理など、全ての組織、全従業員によってそのために必要な管理を行っています。また、リスクが現実になった場合の被害を最小限にとどめるための「危機管理」もリスクマネジメントの機能です。

コンプライアンス

KCCSグループは、法令監査の運用を行うことにより、法令遵守の体制を確立しています。各部門において、法令チェックリストを使用してセルフチェックを行った後に、内部監査室が実地監査を実施します。毎年、全部署で法令監査に対応することにより、コンプライアンスに対する意識の向上を図っています。

危機管理

KCCSグループのリスク管理のために「リスク管理委員会」を設置しており、非常事態が発生した際は、対策本部を設置し危機管理を行います。また、リスク管理室を設けており、リスク管理委員会の事務局として機能するとともに、発生リスクの対応や事業継続計画(BCP)の推進などを行っています。

内部通報制度

KCCSの内部通報制度の仕組みとして「社員相談室」を設置し、従業員からのさまざまな疑問・相談への対応や、コンプライアンスに違反する恐れのある行為などに関しての通報を受け付けています。また、「リスク管理委員会」へも通報することができるようにしています。

反社会的勢力排除の取り組み

KCCSにおける反社会的勢力排除に向けた対応の基本は、断固として反社会的勢力と対決する姿勢を堅持し、全社をあげて対応することです。また、「京セラ行動指針」には反社会的勢力に対し法に基づいて毅然たる態度で解決を図ることが明記されています。主な取り組みとしては、全拠点に「不当要求防止責任者」を配置し有事発生に備えるとともに、全社員を対象とした講習会を実施してこの方針の周知徹底に努めています。

事業継続計画(BCP)の取り組み

KCCSグループでは、地震などの災害や新型インフルエンザに対応する事業継続計画(BCP)を策定し、非常時における事業活動継続のために、リスクを回避する取り組みを行っています。

情報セキュリティ管理

KCCSでは、早くから情報セキュリティの重要性を認識し、「情報資産を安全に守る」ことと「情報共有を前提とした情報の積極活用」という二つの目的を両立させることを考えた情報セキュリティマネジメントシステムの確立に取り組んでいます。現在、全ての部署でPDCAサイクルを回して、継続的な改善を進めるとともに、全社員を対象に「情報セキュリティ教育」を実施しています。また、情報セキュリティ管理の推進のために「情報セキュリティ委員会」を設置しています。

情報セキュリティ基本方針

個人情報管理

KCCSでは、個人情報を適切に管理して社内外の脅威から保護することが社会的責務であると考え、個人情報保護方針を定めています。また、この方針に従って2006年にはプライバシーマークを取得し、個人情報保護マネジメントシステムを制定しています。これに沿って、個人情報管理を推進するために「個人情報管理部会」を設置し、個人情報について適切に監視するとともに、全社員を対象に「個人情報教育」を実施するなど個人情報マネジメントシステムを確実に運用しながら、継続的な見直し、改善に努めています。

個人情報保護方針

監査役への情報受付窓口について

内部統制または監査事項にかかわる苦情や懸念事項は、当社監査役へ直接ご連絡いただくことも可能です。ご提供いただく情報は、匿名でも受け付けます。
ご提供いただいた情報は、その内容に基づいて適切な調査を行うために、当社監査役より当社対応部署またはグループ会社に提供する可能性がありますが、情報提供者のプライバシーは保護されます。情報提供者の個人情報は、当社の個人情報保護方針に基づいて適切に管理いたします。

連絡先

京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町22
京セラコミュニケーションシステム株式会社 監査役 宛
電話番号:075-213-9061
E-mail:kansayaku@kccs.co.jp