導入事例

Darktrace 「Enterprise Immune System」+監視運用サービス 導入事例

セキュリティ

ソニーライフ・エイゴン生命保険株式会社

AIを活用したツールで情報漏えい対策を強化
内部不正も検知できる堅牢な環境を構築

(左から)ソニーライフ・エイゴン生命 情報システム部 ITセキュリティマネージャ 磯貝 徹 氏 / 同 情報システム部 システム業務課 統括課長 馬場 正晴 氏 / KCCS ソリューション営業統括部 東日本セキュリティ営業課 大関 慶 / 同 セキュリティ事業部 東日本インテグレーション課責任者 早坂 寿晃 / 同 セキュリティ事業部 セキュリティサービス課 西山 健太

ソニー生命保険株式会社と年金保険のリーディングカンパニーである蘭エイゴン・インターナショナルB.V.との合弁によって設立されたソニーライフ・エイゴン生命保険株式会社(以下ソニーライフ・エイゴン生命)。「個人年金を人生年金へ」というスローガンを掲げて年金保険を中心としたビジネスを展開している同社は、最新のデジタルテクノロジーを活用してビジネスを変革する「デジタル戦略」を推進中だ。その一環として、AI(人工知能)を活用した英ダークトレース社のセキュリティ免疫システム Darktrace「Enterprise Immune System(以下Darktrace)」を導入。京セラコミュニケーションシステム(以下KCCS)が、この導入と運用支援を担っている。

INDEX
【次ページ】1. 内部の脅威にも耐えうるようなセキュリティ対策を検討