導入事例

ERPソリューション 導入事例

ERP / 経営管理

ナカシマプロペラ株式会社

海外拠点を含めたグループ企業横断で全体最適化
新たに導入したERPが競争優位性の源泉に

(左から)KCCS ビジネスソリューション営業部 西日本BS営業課 洪 鍚柱 / 同 ERPソリューション事業部 東京ERPソリューション課 課長 田井中 学 / ナカシマプロペラ 経営企画室 次長 吉崎 孝一氏 / 同 室長 中島 崇喜氏 / KCCS ERPソリューション事業部 東京ERPソリューション課 臼井 尚大 / 同 ソリューション事業本部 副本部長 兼 ERPソリューション事業部 事業部長 谷口 直樹

船舶用プロペラで世界トップシェアを誇るナカシマプロペラ株式会社(ナカシマプロペラ)が、グループ企業を横断した全体最適化を狙ってERPシステム(統合基幹業務システム)を導入。2016年2月にシンガポールの販売拠点、フィリピンとベトナムの工場を含めた4か国7拠点で新システムが一斉に稼働を開始した。このシステムを構築したのが、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)だ。ERPパッケージにはインフォア社の「Infor SyteLine」を採用。基幹システム構築におけるKCCSの実績や技術力、Infor SyteLineが備える柔軟性などが選定の決め手になった。

INDEX
【次ページ】1.2系列の業務プロセスが全体最適化の阻害要因に