導入事例

無線ブロードバンド 導入事例

無線ブロードバンド

静岡県榛原郡川根本町

川根本町が光ファイバと無線により町内全域を高速ブロードバンド化
ICTの利活用で「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を推進

(左から)KCCS 社会システム営業本部 社会システム営業統括部 事業部長 川村 宏樹 / 静岡県川根本町 鈴木 敏夫町長 / 静岡県川根本町 情報政策課 課長 山田 貴之氏 / KCCS 社会システム営業本部 社会システム営業統括部 社会インフラ営業部 副部長 村上 彰利

静岡県榛原郡川根本町では「高度情報基盤整備事業」を進め、2015年12月に工事が完了。高速ブロードバンド環境の整備に加え、各世帯にIP電話や行政・防災情報の配信が可能な告知端末「かわねフォン」を設置し、ICT利活用を推進している。インフラ構築は京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が担当。光ファイバと無線により、高速ブロードバンド環境と防災情報ネットワークを同時に整備し、コストを抑えたインフラ構築が評価された。現在では、かわねフォン同士で利用できるIP電話の無料通話は1日に約1,000件を超え、構築された高速ブロードバンド環境は住民のコミュニケーション活性化に大きく貢献している。川根本町の鈴木 敏夫町長と情報政策課 課長の山田 貴之氏に取り組みを聞いた。

INDEX
【次ページ】1.誇りと自信の持てる町づくりに向け情報基盤を整備