導入事例

ソーラーサイクルステーション for EV 導入事例

太陽光発電システム

京都府京丹後市

環境循環都市を目指す京丹後市が
EV車向け充電ステーションを整備

(右から)京丹後市 中山 泰市長 / エンジニアリング営業本部 開発営業統括部 事業部長 服部 達幸

京都府・京丹後市は、「市民総幸福のまちづくり推進条例」の制定や再生可能エネルギーを活用した環境循環都市の推進など先進的な取り組みで知られている。同市では政府が進める地方創生に向けた地域再生計画の一環として、市内にEV(電気自動車)タクシーの導入と充電ステーションの整備を進めている。その充電ステーションに太陽光発電や蓄電池、災害対策BOXを備えた京セラコミュニケーションシステム(KCCS)の「ソーラーサイクルステーション for EV」が採用され、市内の道の駅や温泉施設で稼働を開始している。京丹後市の中山 泰市長と農林水産環境部の担当者に取り組みを聞いた。

INDEX
【次ページ】1.「人と自然の元気力」を掲げ、グリーン経済を推進