導入事例

ケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム 導入事例

放送関連ソリューション

山口ケーブルビジョン株式会社

災害時に住民が必要な緊急情報の配信を途絶えさせない
ケーブルテレビ応急復旧体制を無線システムで整備


(左から)山口ケーブルビジョン株式会社 技術局長 倉田 昌彦氏 / 山口ケーブルビジョン株式会社 代表取締役専務 木村 忠康氏 / 京セラコミュニケーションシステム株式会社 新規開発営業本部 ワイヤレス営業部 副部長 村上 彰利

自然災害時にもいかに安定した放送サービスを提供するかは、ケーブルテレビ放送事業者共通の課題だろう。山口ケーブルビジョン株式会社(山口ケーブルビジョン)は、2013年7月末の記録的な大雨による土砂災害によりサービス提供エリアの一部で光ケーブルが断線した。こうした経験から災害時の早期復旧のための取り組みを推進。その一環として京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)が開発・提供しているケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム「ワイヤレスリンク23G」(可搬型)を導入。災害時の重要な情報伝達手段である地上デジタル放送やコミュニティチャンネルを通じ、地域のケーブルテレビ加入者に迅速かつ正確な情報提供ができる体制を整えている。

INDEX
【次ページ】1.地域住民の安全・安心な暮らしを守るケーブルテレビ放送