導入事例

ケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム 導入事例

放送関連ソリューション

北海道厚岸郡厚岸町

自治体のBCP強化を支援
ケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システムによりテレビ放送再送信用のネットワークを多重化


(右から)東日本電信電話株式会社 ビジネス&オフィス営業推進本部 北海道法人営業部 釧路法人営業担当 営業担当課長代理 原 靖氏 / 東日本電信電話株式会社 ビジネス&オフィス営業推進本部 北海道法人営業部 ソリューション営業第一部門 主査 菊地 芳昭氏 / 東日本電信電話株式会社 釧路支店 営業部長 前川 英治氏 / 厚岸町 総務課長補佐(兼)広報情報係長 田崎 清克氏 / 厚岸町 総務課 広報情報係 主事
高江洲 真氏 / 京セラコミュニケーションシステム株式会社 エンジニアリング営業本部 ワイヤレス営業部 部長 菅佐原 幸夫

災害時に地域住民に情報を伝える通信や放送インフラ。太平洋に面し市街地が厚岸湖を挟んで南北に分かれている北海道厚岸郡厚岸町(あっけしぐんあっけしちょう、以下厚岸町)は、東日本大震災を契機にBCP(事業継続計画)強化を目的として、厚岸大橋に敷設した光ファイバの多重化を検討し無線システムを導入、テレビ放送再送信用のネットワークを多重化した。無線システムにはKCCSのケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム「ワイヤレスリンク23G」を採用し、災害などで万一光ファイバが切断した場合でも、テレビ放送を通じて町民に必要な情報を伝えることのできる環境を整備している。

INDEX
【次ページ】1.東日本大震災の経験から情報提供体制の不十分さを痛感